あと2日のイノベーション! 

株式会社 前里光秀おしゃれデザイン 主催
「イノベーションパーティー」





※ このパーティーは、
  価値観における根本的な変化を起こすためのもの





2年ほど前、ミツさんが体外離脱で見てきた「未来」では
この現実世界での生き方と同じように、
「仮想世界」といわれるバーチャルリアリティ
小学生ほどの子どもも会社を経営をする時代が来る。

「現実世界」と「仮想世界」
その両輪での生き方がスピリチュアルではなく当たり前になる。

そういう時代が来る。



 現在、その兆しは見えているのか否か。



大手SNSのような巨大な情報共有ネットワーク
ある意味では「仮想世界」

その世界での生き方が意識が強くなれば
その世界を主として生きることもできるようになるのでは。

そういう流れ、確かにある。



そう思いませんか?





 「仮想世界なら、なんでもできる!」





そんなテーマから
恐らく前里光秀おしゃれデザインの「未来CM」ははじまったし、
この「イノベーションパーティー」も。



イノベーションは、
会社経営者だけが起こすものではなく
これからの未来でそれを成したいと考える者、
それすらも分からずただ思いとしてある者。

そう考えたら、イノベーションパーティーは
そのうち子どもにだって対象が広がるでしょう。



 「イノベーションは、会社経営者がするものだ」
 「見るだけでは、イノベーションは起こらない」
 「イノベーションより、お金が先だ?」



結局、そういう価値観を捨てない限り
イノベーションは一生起こらない。

これは「心の問題」です。





断言するには、理由があります!

それは、こうです。





--------------------------------------------------------------





ミツさんが体外離脱で見てきた未来。

仮想世界でも生きるようになった人間にとって、
それを受容するようになった社会にとって、
それでもなお残された最終課題。

―――それは、「心」



「心の問題」は、「心」は
価値観の変換を待っている。

「変えたい」と思っているなら
来世まで持ち越すか、今変えるのか。




価値観の変換は絶対に求められている
わけではありません。

根本的な変化を求めている方に、
「仮想世界の入口」を提供できるのでは。

現実とイメージの豊潤な両輪が
3次元世界だけでない生き方につながる。

これはイノベーションパーティーに
含まれる大事なテーマと思います。



イノベータ―も参加者も、
「起こせイノベーション!」

あと、2日です。












株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事