価値満タン体験vol.11  「24時間以内」 



初めて「本当に伝える」を体験したその日の夜、

友達に会いました。

前里と三人で居酒屋に行き、楽しい時間を過ごしました。

そして僕はその友達にも自分の変化を伝えようと決めていました。


そして場所を変え、静かに話せる環境になりました。

僕は夕方と同じように、ありのままを話し始めました。

ワクワクしながら、また夕方のセッションと同じように

今度は、友達が喜んでくれるだろうと想像しながら。

その時はさすがに込み上げる涙はありませんでしたが。


そして、ここぞとばかりに話し始めた僕は、

すぐに違和感を感じました。

言葉はどんどん出る、話している内容も変わらない。

ただひとつ。

その友達の目が輝いていないのです。

伝わっていない気がして心が落ち着きません。

気づくと言葉数が多くなり、

なんとか伝えようと必死になり始めていました。

セッションの時とは全然違う。

しかし、僕はそのまま話し切りました。

友達は「凄いね!」と言ってくれましたが、

僕はどうもスッキリしないまま、

そこまで深く考える事もなく話は終わりました。


そして、それが難しさの始まりだったことを

僕は後から知ることになるのです。


翌日からの僕は、何も言わずにあるものを抱えていました。

「不安」です。

それは自分の中にある「下心」に対するものでした。

何か良からぬ芽が出てきていることに気づき始めていました。

早くもです。

あの瞬間から24時間も経っていないのに。

実際はあの瞬間があったからこそ、

その小さな芽に気づいたのかもしれません。

詳しく説明します。


それは仕事の話に戻ります。

「豊かな時間を過ごすことが仕事だ」

という言葉にとらわれていた僕は、

もう努力は要らないんだ、これでもう大丈夫だ。

と無理やり自分に言い聞かせていたのです。

そうではないことを知りながら。

そうであればよいと願いながら。


実際に豊かな状態で在れば

「努力」という言葉があてはまらないのは事実です。

それは何をしても「努力」 とは感じないという意味で。


だからもうこの時点で矛盾していたのです。

努力という言葉が頭にある時点で、

もっと言えば「不安」がある時点で、

もうあの瞬間から遠ざかっていたのです。

元に戻ろうとしていたということです。

そして僕はそれを抱えたまま、

時間が経てばなくなるだろう。

明日になればなくなるだろう。

そう思いながらそれを拡大し続けていました。

前里に話すこともなく。


話さなかったのにはこういう理由がありました。

話すとそれを認めてしまったことになる。

また元に戻ってしまう。

それが怖かったのです。

そして、そんな自分を前里に知られたくないという、

わけのわからない防御本能のようなものがありました。

その中には「がっかりさせてしまう」

という思いもありました。


そしてもう1つ。

思考の中でそれを外すことが半端にできてしまうのです。

あの状態に戻ることが自分でできてしまうのです。

だから大丈夫だと思いました。

自分でなんとかなると。

しかし、それも勘違いだったと今は思います。

とにかくその状態で2日間過ごしました。


実はあの瞬間の直後から前里に言われていました。

慎重に過ごしてくれと。

気を抜くなと。


結果、僕は気を抜いたんですね。


そして3日目。

それを目の当たりにすることとなりました。