上級ヒーリングワーク4期 3月21日・講義の感想③『DoよりもBe』 

コツコツとしたルーティンをやり続ける『Do』も大事ですが、それ以上に大事なのが、在り方となる『Be』。

『どんなにDoをやっても、器となるBeができてないと、空回りしてしまいます』

とミツさんは話します。


『何をするか?』以上に、『どういう人であるか?』というのが、潜在意識の世界では重要なんですね!


『在り方』をつくるためには、『こういう感じの人になりたい』と思い描く自分のヴィジョンが大切だと思います。

ヴィジョンがないと、潜在意識は行き先がわからなくなってしまいます。

ヴィジョンを描いて、その人物の真似、フェイクをやって、雰囲気がにじみ出るまでやり続ける。


例えば、ブックオフの中古の本でも、お金や投資に関する本を30冊以上買って、お家の目につくところに置いておけば、お金持ちや投資家の雰囲気が出てくると言います。

また、高級車、高級ブランドを扱うお店に、買わなくても、買う気満々で頻繁に足を運ぶことで、実際に買えるようになっていくそうです。

そういった雰囲気に浸れる時間、臨場感の中にいる時間が、創造性を飛躍的に活性化させるんですね!


ヴィジョンがない状態で忙しく『Do』 をやるのではなく、心の抵抗を感じながらも全力で『Be』をつくる。

潜在意識が勘違いするまで、コツコツと『Be』を作り上げることで、潜在意識をプログラミングしていく。


本、洋服、車、空間、建物など、至るところに潜在意識を成長させる拡張機能があるようです!


『Be』を作ることは、やり慣れてないことや、自分が違和感を感じるものを入れて、慣れさせていくようなところがあると思います。

やり慣れている『Do』をたくさんやるより、大きな負荷がかかると思いますが、それは効果があるからこそ感じる負荷なのかもしれません。

心の抵抗を感じながらも、『Do』より『Be』を作り上げましょう!



比嘉公彦