上級ヒーリングワーク4期 3月21日・講義の感想①『真剣と深刻の違い』 

真剣はいいけど、深刻はダメ!



真剣と深刻の違い。


それは、


笑えるかどうか。





『真剣』な状態は、笑える。

『深刻』な状態は、笑えない。





結果にこだわりすぎて、プロセスを楽しめなくなっているとき、それは深刻になっているのですね。

深刻の先は地獄!



できるかどうかわからない、

でも自分ができることにベストを尽くし、楽しんでやっている状態は真剣な状態。

プロセスを楽しんでいるからこそ、淡々と継続できるし、継続するからこそ、潜在意識の複利効果を活用することができるのですね!



似ているようで、微妙に違うこの2つの状態。

このちょっとした差が潜在意識に与える影響はとても大きいようです。



『できないもしれない…』『ダメかもしれない…』と深刻になり、笑えなくなっている状態は、それ自体が、自分自身にネガティブな暗示をかけている状態です。

それが潜在意識で複利で成長すると考えると、その状態はよくない状態であるとわかります。

深刻になっているとき、実際に脳の機能も落ちていると言います。



ヒーリングでも『絶対に治さなければいけない』とガチガチになっていると、治癒力は上がっていかない。

笑えないほど深刻になっているとき、いいアイデアも浮かばないし、視野が狭くなって、『自分自分』となり、まわりのことが見えなくなっている感じがします。


これまでの習慣や思考の癖で、ついつい深刻に考えてしまうことはあるかもしれません。

しかし、

●潜在意識の世界ではプラスもマイナスも複利で成長する

というシステムがわかっていれば、『深刻さにまかれてはけない』と、冷静に立ち返ることができるのではないでしょうか。


真面目に考えすぎると、深刻な状態に陥ってしまいがちです。

意識的に笑える状態をつくり、適度な感覚で、真剣を追求しましょう!



比嘉公彦