上級ヒーリングワーク4期 3月20日・講義の感想⑨『1回1分間を毎日やる』 

潜在意識は複利で成長するため、自分の頭で考えても、自分の成長はわからない。

読書でも、1日1分間の積み重ねが1年間で、ものすごい知識量になる。



潜在意識の世界には時間が存在しないので、

潜在意識=回数


1回1時間~10時間と時間をかける必要はなく、様々な種類の1回1分、もしくは1回一瞬をたくさんやったほうがいい。

実際にミツさんは、『目に触れる人は全員、一瞬だけチャネリングする』というのを、最初は意図的にやっていたようですが、今では人に会うだけで自動的にチャネリングが起こるようです。

自動的に複利でチャネリング能力が拡大していったが、そこに毎日膨大な時間をかけていたわけじゃなくて、一瞬をたくさんやっていた…


『時間をかけるといいものができる』

という考えがありますが、潜在意識を運用していく上では、時間ではなくて回数が大事なんですね!



●コツコツやる

●毎日やる

●回数をこなす

●継続する



こういったリズム感が、潜在意識を運用していく上で重要です!

気をつけなければいけないのは、潜在意識ではプラスも複利で成長しますが、マイナスも複利で成長するということ。


人は1日6万回思考すると言われています。しかも、思考の8割は前の日と同じ思考。

潜在意識はスーパーコンピューターで倫理観がないので、繰り返し行っていることは、プラスでもマイナスでも、機械的に複利で増やしていきます。


だからこそ、『どうせ私なんか…』といった自分を否定する癖、ジャッジする癖、がNGなんですね。



これまでの習慣を変えるには、新しい習慣を入れることが最も有効な方法だと言われています。

スーパーコンピューターである潜在意識に、何を入力して、何を入力したくないのか?

そこをハッキリクッキリとさせて、自分が入れたいものだけを入れていけるように、小さくてもコツコツと継続できる習慣を取り入れていくといいと思います!



比嘉公彦