一斉遠隔ヒーリングの新しい扉① 

最近こちらに書いているヒーリング記録は、
実際に僕の目の前で起きていることです。

ミツさんが病気や痛みを癒すヒーリングをすると、
なぜか病院では対応できない病気も改善する。

だから、よく言っています!

「もっと簡単な症状で来てくれたらいいけど…」

う~ん、それは難しい問題ですね。
病院でよくならないから、ヒーラーに頼るわけですし。

とは言え、それもひとつの使命と思い
日々弊社は個別対応のヒーリングをしています。



ところで、その病気や痛みを癒すにあたり
大切な身体機能はどこか知っていますか?

ご存じの通り、「脳」です!

脳ですよね。



脳の役割は、身体の司令塔。

ものを考えたり決めたりするのは大脳、
歩く・走るといった運動をコントロールするのは小脳、
呼吸など生命をコントロールするのは脳幹。

その各部位に対応して、
人のパフォーマンスは支持されています!

だから病気になるということは、
別の角度から表現すれば脳機能の低下です。

逆に、脳機能を常にアップさせ鍛えれば、
健康になっていくということです。



僕たちは日々ヒーリング研究をしていますが、
最近になってミツさんが新しく
あることを教えてくれました。

それは、脳の本当の役割についてです。
ミツさんは、脳についてこう言っていました。

上級ヒーリングワークでの
講義中の新情報です。



「脳は、臓器ではありません。
 ヒーリングするときは、脳を臓器として捉えないでください」



脳は、臓器ではない。
どういう意味でしょうか。



臓器ではないなら、何なのか?



脳は臓器ではなく、
ある種のネットワーク装置です。

例えば目には見えないスピリチュアル情報を受信し
記憶や観念にアクセスし情報を解釈し
物理的な現実を体験するあるネットワーク装置。

だから臓器的な役割もあるのですが、
どちらかというと森羅万象をその本人に分かりやすいように
変換する翻訳機としての役割が強いみたいなんですね。



だから、いい仕事するにも
脳機能は担保しておきたいんです。

例えて言えば脳に電波障害があれば
スタートから受信ミスが起きるので、解釈もズレます。

どう体験したいかという意味では、
脳機能の低下はズレを生んでしまうんですね。

「なぜ、思ったような現実を体験しないのか?」

には、思考と現実の中継地点にある
脳機能のはたらきが大きく関わっていたんです。



実はどの臓器も、臓器としての役割と
スピリチュアルな役割を持っています。

でもその中でも脳は特別、
スピリチュアルな高次元的な役割が強いんです。

だからミツさんは、このことを
「脳は、臓器ではない」と言っていました。

現段階での、僕の認識です!





前里光秀研究所 和田一真