ヒーリングが生んだイメージの架け橋 ~第2チャクラの効用~ 

人の言葉を、言葉で聞く人。
人の言葉を、イメージで聞く人。









あの双子の女性のお姉さんの方は、

ヒーリングを受ける前まで、
人の言葉を、言葉として聞いていました



言葉として聞く、とは、ただの記号として聞くような
感情やイメージが伝わらないような聞き方



一方、イメージとして聞く、とは、
イメージを映す第2チャクラで聞くので、

相手が考えるイメージを受けとり、
また話すときは、相手にイメージを想像させながら話します。





このイメージが伝わると、
「愛が伝わる」と感じる。





モテモテの人は、イメージを伝えて…
「伝える」ということはイメージの架け橋があります。

その架け橋を通って、
人を宇宙を満たしている愛は伝わります。



れがないと相手が愛を感じにくいので、
例えば営業や接客の仕事では人が離れていく

という現象が起こるそうです。





「イメージの架け橋」





これは、人が人とつながるために
言葉よりもっと大切な概念です。

また、第2チャクラへのヒーリングが
その架け橋を建設する作業も担っています。





ヒーリングがつくる、
イメージの架け橋。

それが、コミュニケーションにも仕事力にも、
大きな作用を生んでいます。





そういう話でした!








前里光秀研究所 和田一真